ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

なんだか生きにくい

f:id:ymcvsss:20171218215725j:plain

ここの所、(詳しくは何か月も前から)泳いでいるがうまく息継ぎができていない状態でもがいているような(実際にも泳ぎの息継ぎが苦手なのだけど)状態にいる気がする。

 

なにがそうなのか、書ける範囲で書いて整理してみようかと思う。

 

 

まず1つ、
税金がどうとか、法律、世間の流行りとか、ニュースで流れる問題とか………

一番は税金の支払い、免税、年末調整…

あー、もう!知らないよ!ってなっている。

わからない。知らないと損するだけなのだろうが。
知らないと弱者だ。知らないというのは、自身の責任であって、知らなかったからという言い訳は通らない。知らなかったあなたが悪い。
そういう世の中だ。

だけど私は知ろうとしない。
いまの時代、ネットを使えば情報なんていくらでも出てくる(情報の虚偽を疑う必要もあるが)
本だってたくさんある。
だけど私は勉強する気になれない。それなのに分からないと嘆いている。
そりゃ分かるはずがない。当たり前だ。
分かりたいなら調べろ。それだけなのに。

逆に「そんな面倒な仕組みなんてなくなればいいのに。人間界って面倒臭いなぁ。」って思う。

いつもその場しのぎ。行き当たりばったりだ。

そんな風に思うだけで知ろうとしない自分が嫌になる。

 

 

次、

雇われて働くこと、その場その場に順応してある程度の仕事をこなす力はある(と思う)けど、それはあまり自分にはあってないのではないかと思う。

最初はいいけれど、毎日同じことの繰り返しの中に新たなものを見出せなくなる。そこで思考が止まってしまう。

結局は自分の持つ店舗ではないから、本気で店舗のことを考えられない。どうせ、自分のものじゃないから…と他人ごとみたいになる。

やるべき仕事はきちんとするし責任を持つのだが、それ以上ができない。

そもそも他の誰かと仕事をするのがあまり得意ではないのかもしれない。

人のペースと自分のペース。仕事の段取り。順序。行程…誰かに合わせるのが苦手で自分の作業工程、時間配分を崩されるのも苦手。

中途半端に関わりあって仕事をすると、漏れがでる。

任せるなら任せっきりで、自分がやるなら自分で一通りをしたほうがすごく楽だと思ってしまう。

あと、どうせ自分の意見なんか通らない。と最初から考えるのも、言うのも諦めてしまっている。

だって、その店舗の所有者が決めることであるから。

こんな考えじゃ私はレベルアップは望めないのだろうか。

 


次、

生活サイクルが合わない。

これは今だけで、1月いっぱいまでにするつもりだけど、休みが月に3日で約12時間勤務。

夜遅いのがとてもしんどい。思考がストップしてしまう。

生活の基本、家のことさえきちんとできない。

特に夜ご飯が夜10時とかは自分の中ですごくしんどい。

多分、生活サイクルがあってないから、眠たいし、色んなことをしようと思えないのかもしれない。

この生活サイクルのせいだけではないが、最近顔の吹き出物が生まれてきて一番ひどい状態にあると思う。肌の状態が悪すぎる。

退職するときからだったから、きっとストレスもあるのだろうけど。

この顔を鏡でみて、嫌な気持ちになる。こんな顔を晒したくないと思う。そして気分がさらに重たくなる。悪循環だ。

 

 

次、

目標がなくてもいいのか

今、自分にはこうなりたいとか将来は…とかっていう具体的な強く目指すものが特にない。そういうのがあるって素敵だし輝いてると思うが、なんか無気力なのだ。

やりたくないことはやってないつもり。だけど、たまになんの為に今の生活をしているのか、これでいいのか考えてしまう。

 

 

具体的に書いていきたい。

私は、退職するときにちょっとだけ思い描いていた未来があった。

それは、旅に出ること。

ただただ適当にぶらぶらと旅に出たい。

目的は、世の中の知らない世界や文化や人に触れたいから。

だけど、有給消化を使っていった、東北11泊12日くらいの旅で、自分の目指している旅とはなんか違って、結局自分はお金に頼ることしかできなくて、人と繋がることもあまりできなくて、時間もうまく使えない、行ってみると意外に行きたい場所がない、思うようなものにはならなくて現実を突きつけられたきがしたのだ。(あれはあれで自分にとっていい経験だったけど)

その結果、私は守りに入った。

生きていくためにはお金がいる。やっぱり働かなきゃと思い、働き始める。

そこの選択で旅にでて、一文無しになることもできただろう。窮極、寝袋とテントをもっていればなんとかなる気もしている。

ちょっと本気でしようかとも考えた。

だけど、時期的にも極寒の時期に入るからと言い訳をつけてそれを選ばなかったのは私だ。結局動かなかった。

そして、引っ越しや税金、パソコンの買い替え、Wi-Fi…などでお金が一気に出ていったため、この月は仕事をたくさん入れた。

実はパソコンを買う時だって、どこかに行くときに持ち運びができるように薄くて軽いを重視した。Wi-Fiだってどこにいっても繋げれるようにWiMAXを選んでいたのだ。

 

今の仕事、1つはアルバイト。1つは派遣。派遣は来月まで。

アルバイトはなかなか楽しくやっている。自分の好きなことで色んなことを知れて面白い。この好きなことは小さい頃からこれにむけて一直線にやったきた。

派遣をやめたあとはフルで入るつもりだ。

好きなことをできていて楽しい。が、先が見えない。

さっき書いた。具体的な目標がない。(なくてもどうにかなる。きっと。どこかには行き着く。)

これでいいのかと不安になる。

これもさっきも書いたが、本気で店舗のことは考えられない。

結局は雇われているだけであって、自分がどうこうする領域ではないと思う。

 

そしてまだ諦めきれない。旅をするということも。

「いつか」という言葉が嫌い。

だけど、行動ではその言葉に沿った行動をとっている。

そんな自分が嫌になるのだ。

 

きっと今一番心にひっかかっているのはこのことなのだと思う。

そして密かにどちらもも叶えることはできないだろうかなんて思っている自分がいる。

できることならどちらもして生きていきたい。

どちらも諦めないで生きる方法はないか。

それを誰にも言わず模索している。

 

人はよく「若い頃に色んなことをしておいた方がいい。年をとってもできないことはないけれども、体がそれに適応しなくなるんだ」という。

確かにそうかもしれないし、私もできるだけたくさんのことを経験したい。

だけど、物事は、それをやりたいって思ったときが一番すべき時だとも思っている。

やりたいの度合いは計れないものだけれども、その事柄に対して満帆になっているときを自分で知るのって意外と難しい。

気付いたら遅いときもある。

ただ単に私が頭で考えすぎなだけなのだろうか。

 

 

こんなことを話せる人がいない。

家族にも話せない。

 というかこういう期間に入ってから連絡をぴたっと誰とも取り合わなくなった。

(誰にでも話すような内容ではないとも思うが。)

だから逆に、私のことをしらない誰も見ないこの場所に書くことができるのかもしれない。

今までの内容とほとんど同じことを書いているのだが、今までぼかしていた事や気持ちを詳しく思いきり書いた。

やっぱり気持ちを文にすると少し気分が落ち着く。すっきりする。

 

 

1人の単体としてぽつんと生きているような、居場所はこのブログを書いている部屋にだけあるような、そんな気分で毎日過ごしているのだ。

そうこうしているうちに、自分の人生、自分が楽しまなきゃ自分の存在の意味なんてないのではないのだろうか。何のために今生きているのか。

とかを考え始めてしまったから…

 

突然ですが、そろそろ終わりにします。

私はいたって正常で元気です。(多分)

 

おやすみなさい。