ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

便乗して2017年の振り返り。

f:id:ymcvsss:20171227205815j:plain

小学生の頃から、行事の振り返りとか反省点、良かったところ、直すべき点…
とかなにかしらやらされてたよなぁと思う。

そのせいか、元々そういう性質をもっていたのか、1日の終わりでさえ今日のあれはダメだったなぁと脳内反省会を昔からよくしている。
でも結局、過ぎてしまったことはしょうがない。大抵のことはやり直すことはもうは出来ないから、次は気を付けよう、どうしたら上手くいくのだろうかという思考にする。
意外とそういうメンタルは強いみたいだ。


今日明日で仕事納めの人が多いのではないのだろうか。
私は違うが、ここで2017年を振り返ってみる。
この年は1年中職場を移すことについて考えていたように思う。生き方。自分のことばかり考えていた。
10月退職という時期は決まっていたので、年明けからぼんやりと考えていた。
そろそろ本当に動いていかなきゃ。と思っていたのは思っていた。

そして、もう1つ、私の心を見せれる友達が身近に居なくなったという点で大きく変わった年だった。
○日会える?と約束をし、すぐに会える。自分のことを話せる。とても大きな存在だったんだなぁと感じている。
そういう存在が身近に1人居るのと0人なのはとても大きな差だった。


年を越して職場探しは色んなお店にいったり、ネットを使って検索したりは一応していた。
けど私はどこで何がしたいのか、一直線に突き進むことが既に出来なくなっていた。分からなくなっていた。
そんな状態がずっと続いていた。
どんどん近づいてきいるのは分かってるし、頭の片隅にはなんとかしなきゃ、動かなきゃという思いがあるのだが、上記のこと以外の一歩進んだことはなにもしてなかった。
勤めていたお店も年末年始、桜の時期、GWと忙しさが続くので多分それを動けない理由にしていた。

6月、7月は毎年少し早い夏休みと、お店をやめるに当たって有給消化を強制的にとることになっていたので、長野県や、瀬戸内の島々を巡ってきた。
そこで一期一会の出会いもいくつかあった。
その頃からだと思う、なんだか人との出会いは面白いと強く思い始めたのは。
自分にない考えや経験や記憶ばかりで、それを知れることはとても面白くて新鮮だった。
人と話すことによって自分の考えを改めて知ることができるし、人の考えを聞いて自分に無い思考を取り入れることができる。
人ともっともっと繋がりたいだなんて思った。
だけど思いと行動は一致しなかった。
人と繋がるのは怖い、不安、面倒という思いも相変わらずあるからだ。


そんなこんなで、8月も夏休みとお盆で忙しい時期となり、気づいたら過ぎていた。

9月になって、いよいよやばいなと。
引き継ぎもそれまであまりしてきてなかったので、今までなにやってたんだろうと色んなことが一気に押し寄せてきた。
10月はもう数日しか出勤せず、有給消化で2週間くらい休んで退社という流れだったので9月で全部終わらせなきゃとやっと思った(遅い)
インプットは得意なのだが、アウトプットが苦手だと改めて感じた。
気持ち的には本当に何とかしなきゃって思ってるけど、向かいたい場所や方向が本当に分からなくなっていた時期(今もだけど)
で、周りには色々聞かれるし、凄く精神的にきてた(今もだけど)
この頃から吹き出物が増えたのも今年の悩みの種だ。(今もずっと治らず、今まで生きてきて1番ひどい肌の状態な気がする。)

色んな人に会うことが多かったのも9月だ。
そこで考えが変わったような気がする。
話したり言葉を聞いたりしていくうちに、やたいことを片っ端からとにかくやっていきたい。やりたくないことに時間を割きたくない。先を考えて今を縛るより、今の気持ちを大切にしよう。貯めるお金も必要だけど、貯めるためにやりたいことへ使わず我慢するのは無しにしよう。自分の心に従って生きよう。
そんなことを強く思うようになった。

そして、10月。元々東北に行きたかったのと、どこかにいってしまいたいのと、なにか変わるかもしれないという思いで10月の有給をつかって東北へ旅に出た。
そりゃそうだけど、やっぱりあんまりなにも変わらなかったと思う。
結局守られた中の旅だったと思う。


そして、住居環境がとても悪かった(Gは頻繁に出るし、同じアパート内の人がやばい感じだった)のもあるし、職場に通うために住んでた場所なので、退社するなら住む場所を変えようと思い、引っ越しをする。
ここに住みたいという絶対的な場所はなかったので、海によく行くなら海の近くに住もうということで今のところに決めた。
これもかなりバタバタだった。

10月の最終日に引っ越しをした。
それからも荷ほどきに甘んじて働き所を探していなかった。
11月に入りようやく離職票などが届き、年金や国保の切り替えに行く。
ハローワークに行こうか悩んだけどやめた。

やっぱりお金が必要だし、そろそろ本当にやばいと思い、働き所を探す。
派遣1本でやっていこうと応募した。だけどレスポンスが遅く、その隙に通り掛かったお店が気に入ってバイトも募集していたので連絡をして働くことになった。
そして11月末からアルバイト、12月から派遣との掛け持ちでやって今に至る。

とにかくこの辺は、退社するに当たって、引っ越しするに当たって、年金等の手続きで忙しかった。
1人でちゃんと生きていかなきゃってますます思った。
けど、逆にちゃんとってなんだろう。ただ生きているだけなのになんでこんなに生きづらいんだろう。
という思いが生まれてきた。
「生きる」と「生活を営む」ことは全然別なものの様な気がしている。



本当に色々あった。人からみたら変化の年に思えるだろうが、気持ち的には結構一本調子というか…
考えていることはほとんど同じことだ。
だけど長い目で見たら、考えていることは同じことだけど、考え方はガラッと変わったような気もする。
色んな所に行ったり人と話したり退職したり新しい生活を始めたりして、このブログでも心の内をたくさん綴ってきた。
本当に色んなことを感じてとっていた様な気がする。気付くこともあったし、知らないこと、自分の傾向、足りないこと、やりたくないこと、好きなこと、守られてたこと、諦めたこと、諦めきれないこと、生きづらさ。


そして今現在もひたすらさ迷い中。
年末だから気持ちを切り替えて新しい年を迎えようとかは思わない。それは自分に逆らうことだから。(そもそも思えない)
確かに今苦しいけれども、思う存分悩んで迷ってたまに小さなことに幸せを感じて生きていけてるならまだなんとか大丈夫。(だと思う)
それでいつか光が見えるなら尚良し。
なんのために、誰のために、自分の存在価値、他人との繋がり、やりたいこと、向かう方向、好きなこと、仕事、生活、生き方、時間…
まだまだ分からないことだらけだ。自分の中で確立していない。
だけどそのヒントは、「人と心の内の会話をすること」「たくさんの経験をすること」「やりたいことを小さなことでも叶えていくこと」「自分に嘘をつかない生き方」にあるのではないかと思っている。


2017年、変化したようなしていないような。今の時点で一言で表すことは難しい。
ただただひたすら内省していたのかもしれない。
それを今度はアウトプットしたい。繋げたいところだ。
2018年、まだまだ上記に書いた問いを持って突入していくのだろう。


あと4日残っているが、今日をもって2017年の振り返りを終わる。
因みに来年は年女。