ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

2018.8.6 阿蘇

前日の夜、熊本まで新幹線で向かい、一泊して朝のバスで阿蘇へ向かう。


電車は今は地震の影響で途中運行不可の場所があるのでバスで行く。
特急やまびこ号(熊本から大分を繋ぐバス)を利用。熊本駅から阿蘇駅まで片道1350円。
事前にネットで予約をした。

http://www.city.aso.kumamoto.jp/tourism/event_tourist/public_transportation_map/

他にも九州横断バス(熊本から別府までを繋ぐバス)も阿蘇には行くには良さそう。
本数は少ないのでこの中の時間が良いのを予約。

 


そして、阿蘇駅へ到着。

 

f:id:ymcvsss:20180810183809j:plain

 

反対を見るとすでに山が見えていい感じの駅。
そしてまたまたバス。
阿蘇駅から阿蘇火口までを繋ぐバス。
片道650円。こちらは先に阿蘇駅のバス待ち合い室みたいなところでチケットを購入。
1日フリーパス券もあった。途中は、草千里にも停まる。

このバス乗車時間でもかなり広大な阿蘇の自然を楽しめた。

放牧もしていて牛がたくさん。

途中、お米の形に似てるからと名付けられた米塚もみることができる。かわいい。


やっぱりバスで移動するとしたら海外の方ばかり。


上まで着くと、アナウンスで、「本日はガスの影響により火口への立ち入りは規制しております。再開はいつになるか分かりません。」とのこと。
残念。噂には聞いてたけど…
まぁ仕方ないと思いとにかく辺りを眺めたりぶらぶら散策。
しばらくすると、「ただいまより規制を解除します」というアナウンスが。
チケットを購入してバスにのって、火口へ向かう。
バスから降りたらにおいが既にすごかった。
降りて少し進んだところでまたまた、「ガスの発生が強まったためただいまより規制を行います。ゲートを閉じますのでみなさん下りてください」とのこと。
こんな感じなんだって思った。火口を見ることはできなかった。喉に来るようなむせるようなかなりにおいがきつかった。
自然のことだから仕方ないとはいえ、本当に残念。。


このまま待っていても時間がもったいないと思ったので、歩いて草千里まで向かうことに。

f:id:ymcvsss:20180810182250j:plain

前を行く家族連れ。

 


途中、杵島岳登山口というのを見つけ、遊歩道もきちんと整備されている簡単な山という情報をきき、登ってみようとその道を進む。

 

f:id:ymcvsss:20180810182541j:plain

 

f:id:ymcvsss:20180810182709j:plain

 


正直、普段、運動という運動をしていない私にはきつかった。
最後の最後の急勾配の階段と坂道の連続はかなり息が上がってた。

 

f:id:ymcvsss:20180810182853j:plain


頂上に着くと、一組お先にいらっしゃってた。海外の方とガイドさん。

 

f:id:ymcvsss:20180810183134j:plain

 

そしてその方々が降りていったあと座ってぼーっとしてたら、1人の男性、またまた1人の外国の男性が登ってきた。

 

f:id:ymcvsss:20180810183549j:plain


それから私は下山。そのまま草千里へ繋がる道で。

登りもきついけど、下りも急すぎてブレーキかけるのがかなり難しくて足腰膝にくる。笑

 

草千里では、食べるものやレストランやお土産やさんがある。
目の前には広大な大地。乗馬体験もできる。


ここからはさっきのぼった杵島岳が見える。

f:id:ymcvsss:20180810183936j:plain

かなり高く見えるのに、1322m。(だったきがする)

食欲はあまりないけど、なにか食べなきゃ体調に危険をきたすので、焼き鳥を2本購入。そこの店主さんとちょこっとお話をした。いや、方言っていいなぁと思った。その土地の文化。色々がつまってる気がした。(聞き取れなかったとこも多々あったのは内緒)
それから草千里をぶらぶら歩いたりぼーっとした。して、またまたバスで阿蘇駅まで。


阿蘇駅周辺をぶらぶらしたけど、なんか凄くいい時間が流れている場所だった。外から来たからそう思うのかもしれないけど、真ん前に山があって、路地があって、田んぼがあって、人の暮らし…
途中ひっそりとパン屋を発見したので入って購入。
明日の朝ごはんにしよう。

夜ご飯はどうしようかと検索したり、散策したけどあまりない。
定休日や予約で満席というのが重なって、一件の居酒屋へたどり着く。
美味しい手羽先と、焼き鳥とハイボールを食べてた。
そこの店主さんもちょこっと話したけど、忙しそうで私も次の日朝早いので一杯のんで出た。

 

星が駅前でこの感じなら絶対山にいくと綺麗なんだろうなぁと思った。
今度はレンタカーを借りて車中泊に挑戦しようかなと思う。阿蘇へ来て星を見ないなんてきっともったいない。
あと阿蘇も北や南もっともっと広いから絶対車があった方がいい。
交通機関を駆使するなら1日じゃかなり厳しい。
運が悪く火口も見れなかったし
それが心残りと準備不足を感じた1日目。

 

この日は阿蘇駅前のゲストハウスへ泊まる。