ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

気付いたらこのブログ、1年です。

f:id:ymcvsss:20180910225236j:plain


巡り行く季節があって良かった。
時の早さに気付くことができるから。
1つの季節や情景で思い出がセットになってるから。きちんと思い浮かぶから。
寂しさも持っていけるから。
人は、私は、この繰り返す季節さえないときっといろんなことを忘れてしまう。

 

 

さて、このブログを始めて1年が経ちました。

ブログを書こうとしたきっかけは、何か自分の生活に変化をもたらしたかったから。

あわよくば自分の世界が広がらないかと思ったから。

しかし特に変わったことはない。

ネガティブな思考を書き出すばかりで特に誰にも得はない。

気が向いたときに気が向いたことしか書いてなくて、これは自分が続けるという意味ではとても合っている。

とくにどうこうしたいこともないのでこのままの姿勢で続けようと思う。

 

 

1年続いたということで自己紹介を軽くしてみようと思う。

 

広島の山と田んぼに囲まれた自然豊かな所で生まれ育ち、高校から1人で親元を離れて引っ越しは4回経験。

比較的同じ環境にずっと留まるというのが苦手。

子供の頃は自分で動く術がなかったのでこんな田舎から出たいと思っていたけど、今となっては子供の時に大自然が当たり前にそこにある生活で良かったと思っている。

(かといって、今地元に帰るかと聞かれると現段階ではそこまでの覚悟や理由はない。)

 

小さい頃は走り回ったりとにかく動いている子供だった。走るのもクラスで1番早いくらい。ハードルで県大会にもいった。

だけど球技や水泳は苦手で、運動とひとくくりに言っても使う筋肉が違うのかこんなに得意不得意に分かれるのかと小学生ながらにも感じていた。走りでは優越感、水泳や球技では劣等感、どちらも兼ね備えていたと思う。

 

家は農家なため、休みの日はお手伝いが多い。

 

ピアノを小学生で習い始めた。バレーボールもやり始めた。

バレーではアタックは苦手で強打を受けるのが得意だった。ここでも優越感もあり劣等感があった。

走ることは得意といえども、指導を受けてまで走ることをしたいとは思わなかったから中学生では吹奏楽に入り、走り回ることもなくなり体力は低下をたどる。

吹奏楽ではファゴットからクラリネットという楽器の変更。その頃から今でも低音の響きが好き。

中1までは割とクラスのうるさいグループで最後の通信簿をみて自分の評価をみて愕然とし、それから改心する。

勉強は時間をかければ、努力すれば、暗記すればなんとかなることを知り、それから高校まではほぼオール5だった。だけどこの時から勉強で評価されたとしてもこれは誰だって時間をかけてやればできることで、私はその他の何もかもが足りない。人としてなんにもないとも思っていた。

友達に貸してもらったCDでBUMPを好きになる。かなりはまる。

昔から料理・お菓子を作ることが好きだったため、調理系の高校へ行く。

高校では実習が楽しくて楽しく技術を付けたいと思ったそんな3年間だった。

初めてライブに行き、素晴らしさを知る。いろんな音楽を聴き始める。

以降、いろんなまちへライブがてら観光をしにいく。

 

製菓系の専門学校へいく。その前に高校を出てそのまま就職するかかなり悩んだ。

 

1年専門課程を経て就職。この時点で少し私は今まで軸にしていた気持ちが薄れていたことに気付いていた。

これは高校の時からかもしれないけど多少の緊張やプレッシャーを受けながら授業をしていた。割といろんなことが出来る方だった。人から褒められたり認められたりすることが多かった。人にはオイストレスといって多少のストレスは必要というのも聞いたことあるけど、それからさえも私は逃げたかっただけなのかもしれない。

しんどい思いをしてまで、そこまではいいかな。という逃げ。

中学の時部活を決めたとき祖母に「ハードルで県大会いったし陸上部入るのかと思った。走りで上までいけるとおもっとったんだけどな」と言われたことがある。

それはなんともない会話だけど、祖母を残念に思わせたのと逃げたと思わざるを得なかった。そういう意識が植え付けられた。

それと同じような感覚。もっとやればできる。先生や人からも割と期待されてたと思うけどそれを背負うのはしんどい。

祖母や学校の先生やクラスメイトからの発言でそういう影響を特に受けていると感じる。

 

3年半働き、職場を移す。

 

今年の秋で24歳になるが、よくおばあちゃんみたいとかって言われる若年寄的存在。

割といろんなことを諦めて受け入れるようになってきたけどまだまだ頑固なところ変なプライドも持っている。小さい頃に植え付けられた意識は塗り替えられていない。

本を読むのが好き。物語は一気に読み終えたいタイプ。

チーズケーキとコーヒーの組み合わせが好き。甘いものが好き。

雰囲気の良い(自分の肌に合った)カフェで過ごすのが好き。

テレビは見ないが、天気予報は毎日チェック。

比較的夜は弱く朝は強い。

ただいま健康な身体を手にすることが日々の目標。


自分の好きなことで生きていきたいと思いつつそれをずっと模索中。
好きなことで生活を営むこと。私にそんなことができるのだろうか。

いろんなことから逃げてきてしまったような気がする自分が行きつく場所はあるのだろうか。
いろんな意味で1人で生きていける強さが欲しい。

 

 

書いていたら簡単な自己紹介じゃなくなりましたが、いつもの調子です。

気づいたら過去の自分をかなり語ってしまいました。

でも過去のことはそうそう話すことがないので、これもまたいいかと。

そんなこんなでぼちぼちとやっていきますので、よろしくお願いします。