ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

tacicaの「煌々/ホワイトランド」をフラゲ。最近のCD事情はどうなのか。

 f:id:ymcvsss:20180911211648j:plain

 

今日は好きなバンドのtacicaの両面Aシングルのフラゲ日。

もちろん初回限定版。

新しい音楽がまた私のもとに届きました。

この間のライブの音源も2曲だけ入っていて、やっぱりライブはいいなぁ。としみじみ思っていたところ。

 

そしてこの煌々のMV。

私、音楽もだけどこの映像たちがとても好きでこのMV気に入っている。

台湾での撮影だったらしい。

興味があればぜひご視聴を

youtu.be

 

 

さて、CDの話なのだけれども私はBUMPとtacicaだけはCDのシングルもアルバムも買っている。

音楽が電子化してきてどのくらい経っただろう。

わざわざCDを買う必要もなくなった。

電子化寄りになってきてなかなか円盤化をしてくれなくなったバンドもいる。

というか、いまのBUMPはアニメや映画のオープニング曲などで新曲を出しているものの円盤化をしてシングルとして出してくれなくなった。

多分アルバムがそろそろできるくらいに曲は続々とたまっている。

なんでかはわからない。

 

私はCDを出してくれるならわざわざCDを買う。

現物があると安心するのか。

それよりも…

学生の頃、新曲が聴ける!と学校終わりにわくわくしながら店頭に行って初めて見るジャケットに胸を躍らせてCDをかって、早く家に着かないかとそわそわして帰宅。どきどきしながらビニールをとり、慎重な手つきでケースを開く。歌詞カードや中のデザイン、CDのデザイン。曲をかける前にどれもが楽しみだった。

私にとって、音楽とCDは合わさって1つの作品。音楽を音楽でない形で表現しているのがジャケットだったり歌詞カードだったりするのだ。

確かに私もCDを買って取り入れてもうその1回きりでCDを取り出して聞くことはないのだけれども…

それでも好きな人たちの音楽はCDとして形にしてくれるならそれを自分の元へ迎えたいと今でも思う。

これは私の個人的な意見。

電子化されているならわざわざもう取り出す必要のない、溜まっていくCDを買う必要性を全く感じないという人もいると思う。

これもまた価値観。

最近のCD事情はどうなのだろう?やはり売れなくなっているのだろうか?

その辺はよくわからないけど、私は残ってほしいなと思う。

ただの願望だけど。

レコードだって今は貴重なものとなり一部の人たちが取り扱ってたり買い集めてたりする。

いつの日かCDもそんなものとなってしまうのかな。