ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

自分のバロメーター

f:id:ymcvsss:20181016173206j:plain


ふと、1人でランチしているときに考えた。
最近話ができないという件について。

私は自分を俯瞰することが得意だと思う。
前回、最近人と話ができないって書いたけど、そういうとき、ちょっと自分の中で実験をしてみる。
実験と言うか実践?
この人ともなんだか話せない。じゃぁ、別の人だったら?とこういうときだけど色んな人に会う約束をしてみる。
そして実際に会ってみる。
普段はあまりしない家族に積極的に連絡を取ってみるということもする。
昔からの友達、最近知り合った人、家族、職場の人、SNSでのちょっとした会話、道を聞かれたり、レジでの一期一会の会話…
それは、私の過去を知っている人、今を知っているひと、過去を知ってるけど今を知らない人、今を知っているけど過去を知らない人、内側を見せれる人、見せれない人、いつも会う人、もう会わないであろう人、顔も姿も知らない人…色んな人に分類ができる。
その色んな人と会ってみて、あるいは連絡を取ってみて自分の感じ方を自身で分析してみる。
今の私にはどんな人と接するのが一番しっくり来るのだろう。話し込みたいのかどうでもいい話をしたいのか、笑いたいのか泣きたいのか。あるいは1人の時間がいいのか。
と試しては振り替える。

昨日会った子ともなんだか話ができなかった。
店員さんの笑顔に救われた。
サロンでの何気ない会話が良かった。
秋の空が綺麗だった。
風が気持ち良かった。
聴いた音楽がしっくりきた。
電車でのうたた寝が気持ち良かった。
葉の向こうの日の輝きと揺れる影が美しかった。
今私は、日常のささやかなやり取り、何気ない通りすぎるような繋がりかちょうどいいのかな。
ちょっと前までは1人が寂しかったけど、今はなんだか1人が楽しいというか1人でもとても穏やかな気持ちになれる。人と話すのはなんだか疲れる。


こういう物事に対して自分の感情の変化とか感じ方を感じとることは、自分が今どういう状態でどうしたら気持ちいいのか過ごしやすいのかちょっとだけわかるバロメーター。