ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

最近(自分見つめる)

最近は、春の日差しが気持ちいい。

私の冬の眠りから目覚めたようにすがすがしい。

冬の眠りはそれはそれでまたいいのだけれども。

桜が咲くのが待ち遠しい。通勤途中の短い桜並木の桜のつぼみを毎日眺めている。

昨夜、薄暗い明りの下で、一輪、花を開いていた。美しかった。

一つだけ、どうどうと開いているのが羨ましくも思えた。

 

春は、人の移動が多い。自分自身に変化は全くない(ように感じる)けれども、周りの、人の動き、服装、初々しい姿をみるとどうしても思わずにはいられない。

だからそれに引っ張られるように、センチメンタルになったり、逆に私も動かなきゃと思わされたりで、どうも周りに感化されやすい。

とにかく多感だ。いつも以上に多感になる気がする。

ちょっとしたことで喜んで、楽しくなって、ちょっとしたことで傷ついて、下がってしまう。

 

 

最近の出来事。

 

長らく連絡を取っていなかった人と連絡をとった。メールで2往復ぐらい。嬉しかった。

 

この間ここにも書いたけど、偶然見たアマチュアバンド。歌っていた曲をよく聴くようになった。

昔ちょろっと聞いたことがあって、そのころは好きな感じではあったけれども、そこまではまらなかった。

でも、今このタイミングでなにかくるものがあった。そしてそれは私に少し変化を与えたかもしれない。ある決断を1つした。これは、時が来たらここに書くかもしれないけれども。今は私の中で大事に育てている。

決断したのはこれだけが理由かは分からないけれども、いままでそう決められずあやふやだったものがすっとそっちに吸い寄せられた気がした。すかっと気持ちが動いた。

私があの日あの時、あのバンドを目にしていたからだと思うとすごい運びだなぁと思う。

 

 

「アレクサンダーテクニーク」という体の本を買って体について、特別なことじゃなくて、基本的な構造とか日常での正しい使い方を自分なりに学んでいる。

前まではやればいいんだよなぁ。と行動できなかった部分だけど、それを自ら勉強して日常に使うようにしている。感覚的な部分では、これが正解?とわからない部分がまだあるけれども、体がしんどくてしんどくて寝ても起きてもしんどかった時より明らかに違うことを実感できている。

これも私が少しずつ、整体やカイロにいって、人に教えてもらった整体に行って、そこの整体師にいわれたこと、かけたお金、かけた時間、関わった人…そういう行動からきたのだと思う。

 

昨年はいろいろ試して、自分にもなにかあるんじゃないかと、できるんじゃないかと探していたような気がする。

でも今は1周回ってもとに戻ってきた気がする。やっぱりここが私なんだ。と。

色んな事をして、いろんなことを感じたし振り返ったし見つめた。

そこからは、得られることが多かった。できなくても、できないと分かることが得られた。

自分の人とは違うところ、そこに自信が持てないことが多いのだけれども、なんとか活かすことはできないのかと考えることも多い。

もちろん、改善できそうでするべきならすることも大切。だけど、それを自分の特徴だと上手くもっていくことはできないかな。

 

仕事は、最近、何のためにやってるんだろう。と思うことがある。

これは仕事に対する疑問ではなく、私は好きなことを仕事にしたけど、私はきちんと1日のスケジュールをこなすために仕事にしたんだっけ?私はこのお店の売り上げを上げるために仕事にしたんだっけ?私は大勢の顔の顔の知らない人に食べてもらいたくて仕事にしたんだっけ?みたいな感覚。

確かに、私は忙しくてその仕事を機能的に時間通りに進めていくことも好きなのだ。カチッとはまるように仕事が進んでいくのはできたーという達成感もある。でもそれはただの作業。

ちょっと分かってきたことがある。

私は物語が好きなのかもしれない。それを食べた人の物語。「美味しかった」と言われても。「ありがとうございます」としか感じない。

その美味しいと感じる裏側の部分。その人が、そう感じるにはきっとたくさんの要因があると思う。それが好きなのだ。

これはいつかお母さんと食べた味に似ている。何か蘇る記憶があるのかもしれない。

この色合いがとてもこころがきゅーってなるくらい好き。視覚が心を揺さぶったのかもしれない。

いつからそれが好きなのか、嫌いから好きになったエピソード、なんでそれが好きなのか、今初めてこの味に出会って好きになったのか…

そういうのが知りたいのかもしれない。

少しだけ、私はこれを「仕事」とするのは正しいのだろうかと分からないところがある。

もっと他にやり方がないか。

うっすら考えている。

 

私は私の辿る道で感じて、見つめて、ほんとに少しずつ進んでいる。

すぐ後ろに目を落とすと変わってないようにしかみえないけど、少し遠くを見つめると変わったことも多い。

でもずっと見てるのはだめなんだ。振り返るのは時々でいい。振り返ったら必ず前に向き直る。

 

『変えられない大切があるから  変わりゆく生活が正しい』

 らしさ/SUPER BEAVER

 

2019.3.26   am 9:44