ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

夏のせい

夏休みになってあちこちで家族連れを見かける。
あぁ、いいなぁと微笑ましく思う。
ということは、私はそれを羨ましく思っているのだろうか。
もうそんな日は来ないと思っているから。

友達が夏休み、うざい。こっちは働いてるのに!とめちゃくちゃ言っていた。
私はまぁまぁ、自分にもあったでしょ?と宥めた。
けど少しその気持ちもわかる。友達ほどめちゃくちゃに言うつもりはないけれど。
と感じた自分に、なに友達の前では良い人ぶってんだろうと思った。ちょっと気持ち悪かった。


夏とはあまり相性がよくない。
言い訳だろうか。
無性に空虚感に教われる。
部屋で脱け殻のように横たわって窓から見える空をぼーっと見つめる。
綺麗な青と入道雲
どの夏にもその記憶はある。
そして感情もなんとなく同じ。

暑いのは苦手。寒いより苦手。
体が重くて頭がぼーっとする。動きが鈍くなる。

蝉の声に頭が割れそう。
蝉の存在を否定する訳じゃないけど、突進してくるセミは嫌い。

夜は必ず毎日1回は起きる。
何故だろう。クーラーを付けていても起きる。
暑さで寝苦しいだけじゃないらしい。
夏は安眠ができない。
それだけで疲れる。

お祭りが好きだ。花火大会が好きだ。
だけどそういえば一緒にいく人がいない。こっちに友達いないんだった。
と毎年同じことを思う。


夏の夜は好き。
そうか。だからかもしれない。
なんだか夜、そわそわするのかもしれない。
夜風が気持ちよくて、虫の声が心地よくて、この時間がずっと続けば良いのに、ここにずっといたい、このままどこかに行ってしまいたい、明日が来なければ良いのにって思ってしまう。
海辺に行くと尚更。波の音が心地いい。風がますます出て気持ちいい。このままここで一晩明かしてしまいたいくらい。


夏のせいにするのは簡単。
なんでもかんでも夏のせい。