ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

今のわたし

https://www.instagram.com/p/B-s1t2fjDmf/

ike on Instagram: “2020.4.7 #桜 #春 #お散歩 #木 #自然 #光 #ひなた#花 #空”

 

桜を眺めて歩く
あ、長田弘さんの詩がよみたい
そう思った
今までも自然のなかを歩くとそう思うことがあった

あれは、いつだっただろうか
私が専門学校に入学する前に姉と嵐山に桜を見に行った
あの時心底感動したのを覚えている

あの日以来の感動の桜をもう何年もみていない
あれは私の心が見せたものだったのだろうか

年々桜の見頃が良く分からなくなってきている
これはもうちょっと先が見頃だなぁ
と思っていたら、あれ、もう葉っぱが出てきてる!
いや、でも先はまだつぼみがついてる
でももうちらちらと舞っている
明らかにこれは全盛期は過ぎたな…
おかしいな、見頃はいつだったの?
とここ数年、桜の見頃に対してなんだかもやもやした気持ちで終わっている
その年の気候による違いもあるんだろう
まぁ、でも、木によって、場所によって、日のあたり具合によって、始まりも終わりも全然違って、全部が一斉に咲き乱れることなんてあり得ないね
ようやく本質が見えてきたのだろうか

並木よりも一本ぽつんとだけれどもどっしりと立っている木の方が、花の密度が濃いなぁと思う
桜は遠くからみると「ぽんぽん」してるなぁと思う。
昔から思う。そこがかわいい。
近くで見るのは咲き始めより、散り際の中心が赤く染まってるのがかわいい。
好みの話。
咲き乱れる花の下にいくとちょっとだけ気持ち悪く思うときもある。
花の中心がなんだか私に襲ってきそうな感じがしてしまって。

さて、ここにきて、この世の中の状態にちょっと疲れてきてしまってる自分に気付いた。
最初こそはちよっと遠くの世界の話で気にしすぎたら疲れちゃうから情報もあんまり取らなくていいやと思っていた。
けどやっぱりそうはいかないみたい。ここまできたら、日々の変化を知るために情報を自分から見ていかなきゃいけない。
でそれってやっぱり疲労しちゃうね。
自分から望む変化じゃなくて適応、順応していかなきゃならないのはやっぱりしんどいね。

私はこういう現実的な、堅実的な、経済的な話が昔から苦手だ。
なんだろう。命を守りたいのに経済も守らなければならない。みたいな。
世の中の仕組みをきちんと分かっていない、まだまだお子様な私は、両方なんて無理だよ。お金のことはあとで良くない?助け合えば生きていけるだなんて思っている。
でもそんなの、生活にそれほど影響を受けてないし、仕事もあるし、いざというときは両親に頼ることができるし、抱えているものが少ない、という私だから言えるのだろう。
立場が違えば、環境が違えば全く違うんだろう。
あと現実逃避。日頃からこの社会という枠組みに違和感を感じるというかなんだか自分が合ってない気がしてならない延長線。

仕事はというと、こういう時私がしている仕事は多分なくてもあっても困らない存在なのかな。
食事は家で作ればできる。ちょっとの工夫で楽しむことができる。
別に素材や原料を作っているわけでもなく、必要不可欠ではない。
リモートワークに切り替えることはできない。
テイクアウトやお弁当に対応しているところが増えたけど、だからといって何がどうなるのか。
ちょっとでもお金が入るようにしなければやっていけない。
ちょっとでもほっとした時間を届けたい、今自分にできることを。
色んな立場で色んな考えで人々が選んでいるのが良くわかる。

普段人との繋がりをどういう風にしているかも大事になってくるなぁと思う。
あの人大丈夫かな?いつもいくあのお店はどうなってるのかな。と思わず浮かんでくるような。自分にはあまり影響はないから助けになることはないかという余力。
俳優さんやミュージシャンや芸術家。大なり小なり普段から人と人と与えて受け取ってをしている人々は、できることをできる方法ですることで影響力があるし、かっこいいなぁと思う。
私はというと、今はないけど仕事をしばらく営業停止しますとなったら、個人として私としてなにができるんだと考えてしまう。
フリーでしている人やある程度の有名店は、レシピを公開しているところもあるけど、おそらく私は仕事でしていることに関して人にできることってない。
私が仕事としていることは、私の為にも人の為にもなってないのだろうか。だとすれば、本当にわたしのしていることってなんなんだろう。
かといって、他にできることもない。
私にできることって、自分の生活をより丁寧にすることと、思い浮かぶ人の心配をすることぐらい。なんもないなって。役に立たないなって。元気が有り余っていれば人にそれを渡せるかもしれないけど生憎そんな精神力も持ち合わせていない。
いつもより丁寧にご飯を作って、ゆっくり散歩をする。自然に元気をもらう。眠たくなったら眠る。歌いたくなったら歌う。

私の中にある不安やしんどさ。
周りの人がしんどそう。
生活が何かで制御される感覚。
こういうときに直面する私のなにもなさ。
人と会って話したいけど、それは今はあまりすべきではない、するのはよくないという葛藤。

のように弱いつながりが少しの期間断たれようとしていること。

いつも物理的な面より精神的な面にくる。
現状、ありがたいことに生活にほぼ変化はないので、あまり気に病むこともなくいつも通りに生活していけばいいだけなのだけれども。
どうも弱い。
過信は良くないし、こんなこと言うのは不謹慎だけど、今まで通りいくと私は何事もなく収束した時間に居られる。
こういうときだから、私が普段だったら受け取らない人知らない人たちの言葉とか映像が入ってくるようになった。
身近の小さなコーヒーショップが某バンドと繋がりがあってその人の言及によって通販の発注が増えたこと。そういう応援の仕方もあるな。と思った。

星野源さんの「うちで踊ろう」は最高だなぁと思ったこと。星野源さんやっぱり素敵な人だなぁと。

おばたのお兄さんのインスタのかまじい、最高だなぁと思った。お笑いとか、テレビとか何がおかしいのかと思っていた時期があって長らく離れているけど、こういうのにも救いはあるなぁ…というか私の好きな笑い。一気に好きになったよ(単純)

星野源さんのうちで踊ろうにハモりも入れてた。普通に綺麗なハモりだった。

「まーきの」しか言わない人かと思ってたから新たな発見!

 

 

 

 

 

 

 

いや、はい。疲れているので、色々書いて整理したかったのだけども、整理できなかった。

通常運転で、いろいろ感じながら、過ごしています。

シビアに考えていかなきゃいけない部分がたくさんあるとは思うけど、ただただ人と笑い合いたいなぁと思う日々です。