ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

2020.8.10 赤穂 ~足りないものを補給しに~  

f:id:ymcvsss:20200811145355j:plain

 

自分の暮らすまちとはちがう場所で自転車を漕ぐ

住宅街、幹線道路、路地裏、坂道、畑のすぐそば、トンネル、川沿い…

この日は向かい風に力を奪われるほどに強い風が吹いていた。

暑い、とにかく暑い。ぽたぽたと汗が垂れる。

1人でシャワーを浴びたようになっていた。

でもなんか気持ちいい。

 

こういうのが足りてなかったんだ。

やっとわかった。

 

夏の記憶が蘇る。

人のいない静かなまちを自転車ではしる。家はあるのに、車は走っているのに、人はいない。なんだか悪いことしている気分とわくわく。突き進んだり、引き返したり、気になる道で止まってみたり。たまにマップをみながら。

まちの人は当たり前だけど道に詳しい。近道を教えてくれるけど、聞いても大体わからない。

謎の山登り。汗だくで頂上で寝っ転がって数時間を過ごす。

顔を真っ赤にして、汗だくになって、化粧なんか気にしない。(日焼けはきになるけど)

静かな海を眺める。波の音。夜の海。誰かの弾き語り。

移動の電車では疲れてうたたね。

夜はすぐさま眠りにつける。

暑いのは苦手だけど、なんだかんだこういうのは好きみたい。

 f:id:ymcvsss:20200811144829j:plain

 

 

思い付きで計画立てずに行ったから、ここは行っとくべきみたいなところには行けてないし、美味しいものも特に食べてはないし、行きたいカフェは、既に受付終了だった。

ほんと、自転車でまちを駆け巡ってきただけだったけどなんだかよかった。

 

 

f:id:ymcvsss:20200811145515j:plain

 

このまちに行ったのは2度目。

何にもしらないけどなんだか好きなまち。

 

兵庫県赤穂市 

坂越駅下車

 

f:id:ymcvsss:20200811144406j:plain