ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

話したいこと

今の時期は大体の人がそうだと思うけど、夜明け前に家を出て日が沈む頃に職場を出る。
5日間ほぼぶっ通しで太陽の光を浴びることが出来ない。
そして休みの日に太陽の光で目が覚める幸せをしみじみ感じる。
外出して太陽の光を浴びて青い空を見ることができることにまたまた幸せを感じる。
あぁ、なんて優しいのだろう。温かいのだろう。と。

 

なんかよくないなと思う。

休みの日の心の解放感といったら…

じゃぁ休みじゃない日はなんなんだろうと思う。

なんかよくない。

 

最近は少し遠方の整体に週1で通っている。

交通費がかかるけど、ここまで効果がでているのは初めてで、体の不調が治ってきたり体が軽くなってきたりしている。

先生はその道のプロだなぁと思う。

どんな分野でもプロを見るとかっこいいなぁと思う。

 

年末になるので部屋を一掃したいと思っている。

昔のものは無くしてしまって今の自分の部屋に入れ替えられたらと思う。

けどなかなか進まなくて、したいしたい、しなきゃしなきゃと思っている頭だけが忙しい。

日々の生活、ご飯作って食べて風呂入って歯磨きしてストレッチしてぼーっとして洗濯して洗濯物たたんで明日の準備して眠って…をしていたら他のことをする暇が何故かないのだ。

この中の1人でぼーっとする時間がとても重要で、私は多分それがなかったら息が詰まる。自分を保つのに、取り戻すのにほんとうに必要な時間だと最近つくづく思う。多分掃除や洗濯よりもずっと大事。

だって掃除や洗濯ってしたいからしてるわけじゃない。人間という生活を保つためにしなきゃいけない。そんな感覚。したらしたで気持ちいいし全部自分の為だけど、この時間を他に当てれたら…なんて思うことが多々ある。

私の生活を見たら多忙なわけじゃないのになんでこんなに時間が足りない気がするのだろう。

 

今年は5年ぶりくらいに年越しを実家で迎える。

毎年、年末年始関係なく仕事だったので家族みんなが実家に集まるのさえ数年ぶりで今から既に変なそわそわ感がしている。

 

街はすっぽりとクリスマスムードに埋まっている。

私は特になにもしないけれども、実は心の片隅は浮ついてるのかもしれない。

 

思わぬことに心が動いたり、思わぬことに躓いたり、思わぬ瞬間に人に救われたり。

毎日1回自分を楽しませてあげられるといいな。