ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

心の内

与える人

私が定期的に救われるのは、店員さんの笑顔。 大抵そういう時は無理して人と接していて疲れているとき。閉じていっているとき。 なのだ。 だから自分が日常で接する人に笑顔を作れていない、無表情で接している。話も上手く噛み合わない、表面をつるつる滑り…

銀河鉄道

「僕の体は止まったままで 時速200㎞を超えている 考えるほどにおかしな話だ 僕は止まったままなのに」 BUMPOFCHICKE / 銀河鉄道 ふとこのフレーズが思い浮かぶ。 時速200㎞はさすがにないけれど、今日はほぼ電車に乗って過ごした。 そしてほぼ寝ていた。 寝…

バズったところで

「バスる」 インターネット 上で 口コミ などを 通じて 一躍 話題 となるさま、 各種 メディア や一 般 消費者 の 話題 を 席巻 するさまを指す語である。 一時、かなり出回っていたワード。 私は「食」に携わる仕事をしている。 食べてくれる人がいなければ…

コミュニケーションの放棄。

コンビニで2通りの店員さんがいる。 1つは「スプーンはご入用ですか?」と確認してくる店員さん。 1つは何も聞かずスプーンとたまにお絞りも差し出してくれる店員さん。 これは、どちらがいいのだろう。 わたしは、前者が親切だと思う。 後者は、親切心は…

どんな人

最近、陽の長さが心地良い日々。 長すぎても短すぎてもなんとなくしんどくて、これもバランスだなあと思う。 最近考えていること。 私ってどれだろう?どんな人間だろう? 個として人と関わる中で言われるのは、 「優しい」「良い人」「ふわふわしている」「…

今、誰といるか。

もう一度会いたい人、いますか? それも、熱烈に。 会いたいじゃなくて、会わなきゃ。という。もう一度会わなきゃいけない人って『何か借りがある人、心残りがある人』ではないかと最近は思う。『会いたい』と『会わなきゃ』は別の話な気もする。会いたいは…

苦手なこと

いわゆる、工場での作業が苦手。 1人1人がそれぞれの場所で言葉を発さず黙々と素早く動いて、量産する。 そういう場が苦手。 それが何故なのかを考えてみる。 1、人が素早く動く、と同時に物音も大きくなる 機嫌が悪いのかと思ってしまう。怖い。怯えてしま…

見て呉れ

年齢なんて気にしないで生きていきたい。 と思っていても、実際は頭のどこかしらに年齢×スキル 年齢×生活スタイル 年齢×身の振り方というように、『年齢に相応した何か』があるべきもいう考えが染み付いている。 この世の中にはそういった思考に触れる場面が…

究極の選択(?)

「カレー味のする う◯こ」か「う◯この味のするカレー」を食べのどっちがいい?(汚くてすみません) というのを一度は耳にしたことはありませんか? 今となって考えると、これは、う◯この形をしたカレー、 カレーの形をしたう◯こ。ただそれだけの話な気もする…

「営み」と検索しようとしたら

スマホで、 「営み」と検索しようとしたら、検索候補にでてきた。 「営みの 街が暮れたら色めき 風たちは 運ぶわ カラスと人々の群れ 意味なんか ないさ 暮らしがあるだけ ただ腹を空かせて 君の元へ帰るんだ」 長々と。 皆さん、ぱっと思い浮かぶのかな? …

人による人との接し方

人によって、人との接し方は違う。 当たり前の話だ。 人それぞれのそれを見ていると面白い。 その人が今まで人との距離をどう決めてきたか。他人をどう見ているか。自分と他人の立ち位置。 みたいなのがなんとなくわかる気がする。 無意識のところから、意識…

なんか最近は違う

未だにマスクが苦手。 普段呼吸が浅いからか、息苦しくて仕方がない。 電車の中は何もしてなくても、席が埋まる程度の乗車率さえも息苦しいので尚更だ。 行きたいところはないのだが、知らないところを歩きたい。 そういう時はきっと、何者でもない自分とし…

1人の時間

皆さんは、自分にとって大切な時間が分かりますか?自分がなにをしたら心が落ち着いて、どこにいたらありのままの自分でいられるか、それを知っていることはとても大事だと思う今日この頃。 友達とお喋りする時間、1人でくつろぐ時間、運動する時間、本を読…

生活の中での気づき

ぱっと惹きつけられた。 グレーのチェックのマフラー。 その場に寄って、しばらく立ち尽くしてその場をさった。 必要な用事が済み、またそこを通る。 やっぱり引き止められる。 悩んだあげく、購入。 こういう所だよなぁ。と思った。 私は、元々買う予定にな…

交換日記~勝手にお返事⑥~

cakes.mu 前々回辺りから人間関係について 「密室化」か「ドーナツ化」かについてそれぞれ書いてあった。 人間関係について。 昔から常々考えている。 そんな私はというと 「密室化し損ねたドーナツ化」 かなと思う。 昔から。 好きな人は好き。怠けるし、な…

全て繋がっている

最近は意識が内に向かっている。ある人に言われた。「自分の世界に入っている」 「シャットダウンしている」 「恋愛とか興味なさそう。1人が好きそう。」 「好きな人がいても自分からいかなさそう」 「異性とあんまり話さなそう」それが結構ずどーんと来たの…

人として

人を見て、みんな素直でいい子だし、笑顔で人と接することができて、人のことをよく見て気遣える。 どうして私にはできいないんだろう。 私って人を不快にさせてるのかも。 思い込みかもしれないし、本当かもしれない。 「どうして」 それは、昔っから今まで…

悪魔でも私は。

毎日毎日、色んな人のそれぞれの考えがネットでも現実でも入ってくる。 みんな、どこかに誰かに吐き出したいんだと思う。 でも結構デリケートな問題。 なんだろう。「政治・宗教の話は禁句」みたいなそんな類のものな気がする。 コロナについては、1人1人…

世界は夢組と叶え組でできている / 桜林直子

以前「サクちゃんと蘭ちゃんのそもそも交換日記」をここで紹介した。 そのサクちゃんこと桜林直子さん著作されている本。 最初を読んでの自分の記録。 題名にある、「夢組」と「叶え組」 本書で「夢組」とは… 好きなことややりたいことがはっきり見えていて…

2日ぶりの綺麗な晴天 坂の下から見上げても、坂の上から見下ろしても青だった このまちは、急な坂が多い 海と空を見下ろしたり見上げたりできるんだ やっぱり好きだなぁと思う このまちが作る風景が 私の部屋から見える風景が 輝く西日が差す頃の、家々がつ…

今のわたし

ike on Instagram: “2020.4.7 #桜 #春 #お散歩 #木 #自然 #光 #ひなた#花 #空” 桜を眺めて歩くあ、長田弘さんの詩がよみたいそう思った今までも自然のなかを歩くとそう思うことがあった あれは、いつだっただろうか私が専門学校に入学する前に姉と嵐山に桜を…

分からないこと

皆さんは、自分に自信がある点、あげられますか? これだけは人より得意。好き。秀でている。 日本人は自分を卑下するのは得意で、称賛するのは苦手だとよく聞く。 だからなのかは知らないけど、私は自信をもって自分はこうだ、と言い切ることができない。 …

ちょこ

今年も来ました。 バレンタインの季節。 私の職場には男性がいないから、そういうチョコの準備はしなくていいので楽。 問題は、毎年父に送っているチョコ。 チョコを届けるということ。 私は毎年、父の日だろうと母の日だろうとこの、義務的な感じが嫌だと言…

違和感の正体

紹介してもらった本の最初の最初。 そこで何か開けた感じがして本を閉じた。 私にあった違和感はこのことだったんだと思った。 それを忘れないうちに書いておきたくて。 「正常と異常、健康と病気、そういう区別がはっきりあるのだというようなものの見方で…

恩返しや感謝は自己満足?

色んな人に救われて生きている。 物理的にも精神的にも。 私は、「心救われた瞬間」や「自分の考えに大きな影響を与えてくれた何か」や「行き詰まっていたことを開くきっかけをくれた何か」はよく覚えている。 それらに物凄く感謝をする。「すごくあなたに救…

もう一度、1年の抱負。

今年の抱負みたいなことを一度書いたけど、少しほわっとしていたので、もう一度ちゃんと提示したい。自分のために。 時間の区切りは勝手に人間が決めた。 だなんて言っている私だけど、儀式みたいなのが自分の中にはあって、1年の終わりは振り返って、始ま…

内省

私達はみんな、内省して生きているのかな? 人の頭の中は覗けないから分からないけど。 私は人一倍しているという自覚はある。 1人の時間が多いから。『考える暇もない』ということは滅多にないから、いつも考えている。 内省と私はセットみたいな感じで当た…

「エンドロールが終わっても席を動けない映画みたいなライフを」

それってどんな人生だろう。痺れるような?感動的な?ドラマがある?衝撃的な?夢を追う?仲間がいる?どん底に落ちて這い上がる?って言葉にしたらなんだか味気ない。tacicaのWAKIMEの歌詞。 「エンドロールが終わっても席を動けない映画みたいなライフを」…

なりたいものは?

『現実的なこと、現状を何も考えずに、やりたいことなりたいものってある?』一度は誰かしらとの会話の話題に上がったことは無いだろうか。私は友達とも職場の人ともこの話をした。私は、「ミュージシャンみたいにステージに上がって演奏したり歌う人。」 と…

いろいろ起こるよ

出来事から感情に波が生まれる。 ここ最近、いろいろ起こった。 いつものことながら、誰にも言うことなくきた。 文章にも起こせなかった。 その時気付いた。文章にするというのは、自分と真正面から向き合うこと。その出来事と感情と向き合うこと。 誰かに吐…