ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

誰かの日常に入り込む(in新潟)

f:id:ymcvsss:20171004153349j:plain


今回は、初、新潟県


今回もライブで来ました。
新潟県は行ったことがなくてライブついでにまちを散策できたらなぁと。
だけど、新潟県も広い広い。
ライブに一日使って一泊して次の日帰るので行けるところも限られる。
結局、新潟駅から橋を渡って、古町を通って、日本海側へ


バスを使わず徒歩で移動の為時間がかかるし今回の散策はそれだけになった。

私、交通機関は早いし便利だけどお金かかるし、乗ってたら行けないところ、見過ごしてしまうものが多い気がして、徒歩が好き。
ゆっくりゆっくり見えてくる景色、変わっていく景色、小路に見えるものたちを見逃したくない。
思い付いた道にすぐに向かえる。方向転換もすぐできる。
それが歩きの良いところだと思う。
その分行ける範囲は限られちゃうけど…


とりあえず、朱鷺メッセの方から向こう岸へと渡る。
有名なこの景色
f:id:ymcvsss:20171004154359j:plain


渡って、途中のでよさげな小路を発見!
なんだか趣あるなぁ~
f:id:ymcvsss:20171004154616j:plain


古町通りも昔ながらの商店街って感じだ~
商店街っていいよね。通ってるだけで楽しいし、そのまちの歴史を感じる。

そしてずんずん海側と進んでいくと
見えてきた!
f:id:ymcvsss:20171004154830j:plain


海!
f:id:ymcvsss:20171004154907j:plain

海!!
f:id:ymcvsss:20171004154938j:plain

海!!!
f:id:ymcvsss:20171004155009j:plain


何で海って無条件にこんなにテンション上がるんだろう?
不思議。

日本海側の海を久々に見たなぁ。
最近は瀬戸内海をよく見てたから。

帰りも徒歩で駅まで歩きました~。
こういうとき、スマホに頼るのが嫌で大体の方角で駅に向かってたんだけど、歩いても歩いても駅につかない!おかしい…
ってことでスマホで位置確認したら、北に歩いてたはずがいつの間にか東に歩いていた…!
決して方向音痴じゃないけどこういうこともたまにある。笑
まぁ無事に空港行きのバスの時間までには辿り着きました。

そんな感じで特に新潟!って感じのことはなにもしてないけど。

帰りはリッチに飛行機で。(行きは夜光バス)
f:id:ymcvsss:20171004173459j:plain

f:id:ymcvsss:20171004174645j:plain

私、飛行機も人生二回目でとてもわくわくした。
しかもこの年になって、空からみる小さな生活の土地やそれを囲う山や海、いつも照らしてくれている太陽を別の視点から感じられたのはなんだか良かったな~。




で、題名の話。
私はどこかに行くと、必ず思うことがある。

私がどこかに行って、ぶらぶらすると始めてみる景色や道や町並みだらけ。

だけど、それは誰かの日常であって、
誰かにとっては、
いつも使う電車
いつも歩く道
いつも目にする風景、建物
だったりするんだよね。

そんなすれ違う人の日常の中に、生活の中に私が一瞬でも入り込む。
なんだか不思議な気分。
あー、この人は毎朝毎夕、ほぼ同じ電車にのって職場との行き帰りをしてるのだろうか。
あー、この子達は学校が終わったらこの場所でいつも遊んでるのだろうか。
そんな当たり前の生活の中に、新鮮な気持ちの私がいる。
そして多分もう二度とこの瞬間に立ち会うことはないのだろう。
次の日からは、それぞれの場所でそれぞれの生活を過ごしていく。
不思議としか言えない私の語彙力が悲しいけど…

私にとっての非日常と、誰かにとっての日常が一瞬交わる。
これがまた逆の立場にもなりえるだろう。

なんとも言えない気分になる。


日常と非日常とで生活を区別したら、なんだか時間がばっさり途切れちゃう気もして、私にとってはそれもあんまり好ましくないんだけど。
でもやっぱり日常は日常で、非日常は非日常で…笑



誰かの日常や生活に入り込むこと(=自分にとっての非日常体験)が旅、旅行の醍醐味じゃないかなぁと思うのです。