ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

「最近は別に元気じゃない」

f:id:ymcvsss:20180426074820j:plain


最近はすっかり気分が沈みがちだ。
なんでだろう。私がききたいくらい。
毎日辛い訳じゃない。周りの人にも恵まれていると思う。
だけどなんだか満たされない。


私は安定を求める割には、変化の無い生活に飽き飽きしてしまう。
毎朝同じ時間に、同じ道を歩いて、同じ電車にのって、同じ職場に行って、同じ人と業務をして、ある程度同じ時間に帰って、ご飯を食べてシャワーを浴びて眠る。その繰り返し。
職場の時間が生活の大半。かといって私の全てを そこにかけることはできない。気持ちをそこに捧げることはできない。結局はオーナーのお店。私はオーナーの考えや意思をお店作りに反映するための一員でしかない。
私は割と頑固で負けず嫌いなので、自分がこれがしたい!と思ったら自分の思うがままに事が進まないと、もやもやと気分がよくない。
だから最初から人に委ねてしまう。考えることを放棄してしまう。私は人任せか自分の思うままにかという2つの選択肢しかない。誰かと融合することはとても難しい。
他人任せの今だからこそ、自分の役割とか、自分の意味とかが分からなくなっている。安定はしているけどこの毎日がなんだかよくわからない。
1年前の今頃と環境は変わったものの状況があまり変わってない。


新しく入ってきた人への接し方、教えるのはつくづく下手だなぁと思う。
年下だろうが年上だろうが気軽に話すこともできない。
私って、自分がこの人には惹かれる何かがあるって思った人にしか自分から話そうとしないということに気が付いた。
そんなつもりはないのだけれども、どこかで自分なりの基準で人を評価?区別?してるみたい。
でもそれじゃだめだーって自分で思うからこれまたしんどい。


そして、職場ではみんなが空気を読み合ってその空間が成り立っているのが分かる。それがしんどい。
気を遣い合って、話しかけるタイミングや、お互いの動きを察知する。
あーーってなる。気なんて遣えれて無いくせに、気疲れして結論、1人でしたいってなる。


気持ちがどんどん悪い方へ引きずられる。
最近、扉が開けなくなった。
自分を認めてあげられない。自信がやっぱり持てない。
きらきらした世界はごめんだと思う。自分は不釣り合いだと思う。自分なんかがって思う。
そもそもきらきらした世界ってどれ。普通ってなに。
私にとってのきらきらした世界って、都会のお洒落なお店とか、今時風の若者が店員のお店&客層が今時風の若者なお店、色んな声がとびかうがやがやしたところ、大人がしっとりと飲む酒場、メイクもお洒落もバッチリな同年代、インスタにのせるためにカシャカシャ写真とる人(自撮りも含め)、人の集合体、美容院...
どこもちょっとしんどいなーって思う。今の私には特に。
今はひっそりと陰に存在している感じ。どこにも不釣り合いな気がする。私なんかが行っても相手にされない。私なんか場違いだ。世界が違う。なんだか卑屈だなぁ。やさぐれてんなぁ。とも思う。
どの扉も開けない。
だけど新しい扉を開きたい。
ジレンマが生まれる。
開きたいけど開けない。できない自分にたいして悔しい。でもできない。なにも変わらない。悔しい。
本当はそんなこと考えずに行きたいところに行って良いし行くべきだ。堂々と普段通りの私でいれば別になにも悪くない。(はず)なにも心配する必要はない。思ったより、心配するより人は親切。大体の人はきちんと接してくれる。
だけど人は鏡だ。今の自分で誰かと接してもあまりよくないのはなんとなくわかる。じゃぁ、いつになったら良いのか。分からない。しんどい。


少し前まで『元気?』と訪ねられたら『元気』と答えられていた。
だけど今は嘘でも元気とは言えない。でも人と接するときはできるだけ元気でいなきゃいけない気がする。(かといって元気に接せれてるかはわからない。)本当は誰かにしんどいって言って話を聞いてもらいたいのに。


行ってみたいイベントは大体土日祝にしかない。
私の仕事は平日休み。人が多いのは嫌だから平日休みで全然問題はないのだけれども、そういうイベントの時だけ休みだったら行けるのになぁって思う。いつもいつも行けない。それがなんだかなぁ。
最近一段とそういう思いが強い。
こじんまりとした展示とかは期間に幅があって行ける日もあるけど、そういうのってなんにも知らない私が行って良いのだろうか?ビルの一室にあって、中が見れない扉で隔ててるある。たまたま通りかかっただけでも入っても良いのだろうか。
なんてまた、何を気にしてるのか扉が開けない。

でも、そういうギャラリーとか展示会とか関西で知ってる人いたら是非是非誰か教えて欲しい。(また他力)街歩いてて見かけるくらいには、私の知らないところでたくさんやってるんだろうな。そこには私の知らない世界がたくさんあるんだろうな。

そう、私には仲間がいないんだなとつくづく思う。こういう自分の好きなこととか、気になることとか、知りたいことの情報を交換できるような。


めっきり、本を読む時間が増えた。物語の世界へ入り込む。

歩きたい、歩きたい。できたら知らないところを。

行きたい、行きたい。できたら行ったこと無いところに。

だけど、ほっとできる安心できるいつも行く場所にも行きたい。


ひたすらこんな感じ。