ordinary day

思ったことを気ままに。自分を構成するものとは。他者とは。旅や自然。

現状

小規模と大規模の職場で働いてみて。

私が今まで働いたことのある場所は、従業員が10人もいかないくらいの小規模な所。 初めて、部署があり総勢何人いるか、どんな人がいるか全員を把握できないような規模の所に短期ではあるが、入社した。 なんだか、違いに戸惑いが隠せない。 まず第一に挨拶…

どんなときでもそこに居てくれるたった1人の存在。

何年も生きてきたから、自分で生活には波があることを知っている。孤独が大きくなるとき小さくなるとき上昇しているとき下降しているとき人と会いたいとき1人になりたいとき外に出たいとき内に籠りたいとき誰もがこんな風に二極化していると思う。 それは外…

事務的な言葉だろうと、時としてそれに救われる。

街はライトアップされてて、きらびやかだが、私の毎朝歩く道路にはまだいちょうが堂々とある。 さて、題名のような時はかなり疲れているか、自分が本当の孤独の中にいるかなのだと思う。 電車降車時での「この先もお気をつけて行ってらっしゃいませ」という…

「やりたいことに似た逆のこと」

私の理想の暮らしは、自分の好きな時に、好きな所にいって、好きなことをする。 ごくごくシンプルな話だ。 行きたいところは具体的にはない。 世界中のしらない景色を見たい。知らない文化に触れたい。知らない言葉を聞きたい。 知らない街並み、建物、自然…

自分と仲良くてきた結果。

1人が好き。とても大切な時間。 最近は特に1人の時間が多い。 1人=自分と向き合っている。自分と仲良くしている。 今、これを書いている瞬間もそうだ。自分の頭の中にあるもの見つめて、文字にしている。 そして、1人は自分の好きな時間の使い方ができる…

面接に行った。

今日は生憎の雨の日。 そんな今日、面接に行った。 色んな所で働きたいって言ってる割には、面接前は緊張するし、なんなら前日の夜から緊張していた。 そこのところはやっぱり変わらない自分。 面接に行くと、そこの方針とか、オーナーさんの思いとかがよく…

退職して3週間が経った。

その間に環境は変わったような変わってないような。引っ越しや手続きで暫くばたばたしていて、ようやく落ち着いたところだ。 今のところの変化… 引っ越しをしたといっても多少の距離だけど。市内で北から少し南に移動した。そして、海の近く(といっても徒歩…

歳を取るのは厄介だ。

また1つ歳を取った。姉に言わせたらまだ若いらしい。 とうか、自分より歳上の人に『まだ若いよ。』 と言われても そりゃそうだとしか思わない。 だってあなたとの差は一生変わらないのだから。 しかもそのあとの言葉が言われなくても、見え隠れしている。 …

どこにも属さない人間。

何かで成功したいとか、何かでやっていくためには、そこに精通している人達と接するのが近道になるのだろう。 その人達の姿や言葉。 尊敬したり、学んだり、励みになったり、ライバル視したり、渇を入れられたり… そういう、コミュニティの輪に加わるのが大…

迷走中

今、私は端からみたらどっち付かずで何やってんだろう状態。ふらふらしてんなぁ。 こいつちゃんと考えてるのか、大丈夫か。と言われるのも無理ない感じだと思う。 今月20日で退職して、とりあえず色んな手続きと、引っ越し準備をしていて、合間にライブに…

刻々と近付いてくる退職日。

次の行き先も決めないまま、近付いてくる退職日。 正確には有給消化に入る。自分で決めたことだけどやっぱり不安がまとわりつくなぁ。初めての体験&すぐそこに引っ越しがまってるから、手続きとか荷造りとかどんな風にやっていけばいいか考えて、行動する………

仕事を決めるのが先か、住まいを決めるのが先か。

私の現状です。 今の職場を辞める。と言ったらほとんどの人は、『次は決まってるの?』と言います。それか、『結婚?』と。 どちらも『いいえ』です。 胸を張って言えることじゃないし、大抵の人は『え?大丈夫?』って感じのことを言ってきます。 そりゃそ…

とりあえず、始めよう。

今、私の心は外へ向いてる気がする。 だけど、どこに向かえば良いか分からなくてもどかしい感じがずっとしている。人と繋がりたい欲が、ここのところ私には珍しいことにとても出てきている。とりあえず、ブログとかやってみたらなにか起きるかもしれない!と…